魚の目治療.com » お薦め情報

お薦め情報










その他・お薦め情報


魚の目と靴

タコや魚の目ができやすい靴というものがあります。当然ですが、合っていない靴を履き続けていれば魚の目になってしまいます。

では具体的にはどのようなものが、サイズがあっていないということになるのでしょうか。たいていの人は、窮屈ではない寸法を選ぶと思います。

しかし意外と忘れがちなのが横幅です。特に女性の場合は、細身のものの方が綺麗に見えるからということで細いものを選びがちですが、これは魚の目の原因になってしまいます。

また、パンプスのなかにはデザイン上かかと部分が脱げやすいものもありますがこれも魚の目の原因になります。

細身のデザインは指を抑え付けられることで、脱げやすい靴は脱げないようにするため無意識に足の指を上げてしまうため、付け根の部分を地面に打ち付けやすくなります。

その結果、タコや魚の目になってしまうのです。打ちつけると言えば、底の薄いものも魚の目注意です。地面からの衝撃を防ぎきれずに大きなダメージを受けてしまいます。

薄いものを履く場合には、緩衝能力の高い中敷きを入れるなどして対応しましょう。最後に、高いヒールのものも気をつけてください。

踵を高くしてしまうと指に重心と負担がかかりやすくなります。できれば、ヒールの高い靴は必要最低限の時間だけ履いて、それ以外では足に合った負担の少ないものを履くようにしましょう。

靴は結構かさばりますし、持ち歩いて交換するのは面倒かもしれませんが、健康には変えられません。少しお金がかかりますが、自宅と職場両方にそれぞれ靴を置いておいて、都度履き替えるようにすれば通勤時間で持ち歩く必要はなくなります。

実際に選ぶときですが、最近では通販もありますが、できるだけ実際に試し履きをしてから選ぶようにしてください。寸法やサイズでこのくらいなら大丈夫だろうと思っても、いざ履いて歩いてみると違和感がある、というのもよくあることです。

また、試し履きをするなら夕方がお勧めです。この時間帯は足がむくんでいる人がほとんどなので、この時間帯の足に合わせておけば、あとで合わなくてキツいということになりにくいのです。