魚の目治療.com » 各種足のトラブル

各種足のトラブル

フットケアをすることは、足に起こるさまざまな日常的なトラブルを予防することになります。まず、足に起こるトラブルとしては、皮膚、骨、爪などの部位によって違いがあります。

もっとも、発生しやすいトラブルとして、皮膚などが荒れるなどがあります。角質ができることや、水虫などもフットケアをしていないことに起因しているので、出来る限り早期に解決できるようフットケアに取り組むことが肝心です。

フットケアを取り組むためには、角質部分にある「がさつき」などは、靴のヒールなどを履いている女性に発生しやすい病気の一つです。

主な原因としては、足の重心がずれているために、足に余計に負担がかってしまい、これが、足に大きな負担として角質を作ることになります。

これがひどくなると内出血を起したり、足にひび割れを発生させてしまうこともあるので、早期のうちにフットケアをするようにしてください。専門のクリームを塗る、靴を変えるなどで予防することができます。

また、タコや魚の目は足の各部位に余計に力がかかることによって誘発されてしまうことがあります。意識して靴を換えることや、マッサージなどのフットケアをして足の血流を良くすることで予防することができます。

また、胡坐をかいて作業を長時間にわたってする人には、「内反小し」と呼ばれる症状が発生することがあります。

これは、小指のつけねが内側に変形してまがってしまう症状で、肩コリや腰の痛み、頭痛など外反母趾と同様の症状を引き起こすことがあるので進行がひどくなった場合、医師に相談するようにしてください。

早期の場合だと、フットケアに気を使ったり、病院にかかるなどして予防することもできます。靴が小さい場合、特に親指に「巻き爪」と呼ばれる症状が発生することがあります。

爪が内側の肉に食い込んでしまう症状なので、出来る限り早い段階で処置することが望ましいでしょう。