魚の目治療.com » 様々な治療法

様々な治療法

五十肩の治療方法には様々なものがあり、ざっと挙げると、「運動療法」・「薬物療法」・「マッサージ療法」・「温熱療法」など、様々なものがあります。

実際に五十肩を治療する際には、これらの方法を、症状や病期に合わせてうまく使い分けて行うことで、五十肩の回復を早めることができます。

運動で改善は、肩を動かさないことによる肩の癒着と、肩の筋肉の弱化を防ぐために行われる療法で、五十肩の治療には必要不可欠な療法です。アイロン体操や棒体操が有名です。

基本的に、炎症が激しい急性期にはアイロン体操のように簡単な体操をし、痛みがひいてくる慢性期や回復期に棒体操をはじめとする様々な体操を積極的に行うことが、五十肩の早期回復に効果的だと言われています。運動をする際は医師の指導の下、絶対に無理をしないようにすることが大切です。

薬物は、急性期の炎症による激しい痛みを鎮痛剤で抑えることで患者が感じる苦悩を和らげる方法です。肩の神経をマヒさせる「神経ブロック療法」が代表的です。

薬物といっても、治癒に直接作用するものではなく、あくまで痛みを感じなくするものなので、薬物療法によって大きく回復速度が変わるものではありません。しかし、五十肩の痛みは夜眠れなくなるほどなので、その痛みを感じなくなるというだけでも患者としては大変助かる療法であることは確かです。

マッサージは、専門的な知識や技を必要としないので、協力者がいれば簡単に行える療法で、肩周辺の筋肉をもみほぐすことによって早期回復を促します。

温熱とは肩を温めることで血行を良くし、運動と合わせて行うことでより効果を発揮する療法です。温泉に入浴することも優秀な温熱療法と言えます。

上記の方法のほかにも、症状がひどい場合には手術によって治療することもあります。しかし、手術の必要があるほどの症状はほとんどなく、めったに行われていないようです。