魚の目治療.com » 身体に良い食事

身体に良い食事

健康にそろそろもっと注意したい、と考えた場合、まずどのような方法を思いつくでしょうか? 今ではたくさんの健康情報が溢れています、そもそも溢れすぎでは? という意見も多い中で、まずしっかりとターゲットを絞ることが大切かもしれません。

食事、睡眠、ストレス、運動、禁煙など、様々な健康情報、健康法の中でも最も大切、基本であるのは食事です。しっかり栄養を摂らなければ仕事も思うようにできませんし、思考力も減少します。

しかしながら、毎日の生活習慣から考えて、妥当な方法が見つからない方は多いようです。この状態では健康の基本もだんだんと意識できなくては困ります。

まず朝の食事は1日の中で健康にもっとも大切な食事です。タンパク質も炭水化物も摂ることで、エネルギーを充満させてスタートをするためには、起きてから最低でも90分以内に食事を済ませてしまうのが理想です。

和食であれば納豆からビタミンを摂り、またチーズや牛乳といった洋食類からはカルシウムを補う、和洋折衷のコースがもっともバラエティを増やしやすいと思います。

そして1日に3食摂ることも健康の基本です。この間隔が開いてしまうと、集中力にも影響したり、疲労が速く出てしまいます。

そしてできるだけたくさんの食べ物を食べること、、できれば栄養士的なアドバイスを受けるのが理想ですが、自分でこれは不足しているのではないか?と徐々にわかってくるように意識することも健康にはある程度有効です。

また栄養素の基本は三大栄養素です。米やパンなどの炭水化物はいわばガソリンのイメージ、つまりエネルギーを養うものです。

便秘を防ぐ、満腹感をもたらす、大腸の状態を整えるなど、様々な健康に関する要素が含まれています。肉や魚はタンパク質、筋肉を丈夫にして、骨をしっかり支えるためにもっとも大切です。

そして脂質、脂分は脳の機能を正常化させたり、ビタミンを効率的に吸収できるようにサポートします。健康の大元となる食事、状況によって摂れるもの、摂れないものがあるにせよ、この3つは常に意識したい基本です。