魚の目治療.com » 関節液とは

関節液とは

膝に水がたまるといった言葉を聞いた事があると思います。しかしどのような理由で膝に水が溜まるのか、溜まるとどういった事になってしまうのかという事は知らない方もいるかとは思います。

この膝の水は当然単なる水ではなく、関節液と呼ばれている液体なのです。元々人間の膝には通常の状態であっても多少はあるものだということなのですが、膝に炎症などを起こしてしまうとこれが通常の状態より多く分泌されてしまうのです。

この炎症になる原因としては変形性膝関節症などが関係してくることがあります。変形性膝関節症は膝の軟骨がすり減った際などに起こる病気なのです。

なので、変形性膝関節症が原因という事にもなりますし、それに重複して水が溜まるといった事もあるかと思います。

膝に水が溜まったからといって何か不都合はあるのかと思う方もいるかもしれませんが、炎症が酷くなることによって関節液もより多く分泌されてしまうため、膝に溜まると足がパンパンに腫れるようになることもあると思います。

そして水が溜まる事によって変形性膝関節症などの痛みがさらに増してしまうといったこともあるのです。

分泌されるのが少量であれば自然と吸収されていくこともあるのですが、過剰に分泌されてしまった場合には病院で注射器などを利用してこれを抜く必要があるのです。

そしてそこまで酷い場合ではないのであれば個人的に対処もできるのですが、方法としては患部を冷やしたり暖めたりと結構を良くする事で痛みも引いてくる事がありますし、膝に溜まっている関節液が少量のであれば症状が和らぐ事もあるみたいですが、いずれにせよしっかり医師に見てもらう事が先決です。

いかなる時でも素人判断というのは危険を招きかねない事でもあります。大丈夫そうだ、何とかなるだろうといった簡単な考えは後に痛い目に遭う可能性があるので、不安な時は医師にみてもらうのが大切だと思います。