魚の目治療.com » 外科的治療や神経ブロック

外科的治療や神経ブロック

五十肩は慢性化すると、リハビリなどでは解決しないこともあり、このような場合、外科的治療や神経ブロックが必要になることがあります。

痛みを伝える神経をマヒさせるブロック注射などはもっとも効果的な方法の一つであり、一定期間、確実に痛みを止めることができる方法として注目してもよいでしょう。

以前は整形外科医による処置が行われた時期もありましたが、近年では麻酔医によって、注射がされるようになりました。

この方法であれば、激痛に悩む患者にとって非常に効果的です。鍼治療の痛みを軽減する方法にも通じるところがありますが、薬学的な方法であるため、同様の効果であっても体にかかる負担は同一ではないことに注意が必要です。

慢性化した五十肩に対しては、外科的な方法が行われることがあります。これは、切開手術を伴うようなこともあり、肩の骨の部分を除去する、圧迫している腱板部分を広げるような術式を取られることになります。

これによって、痛みが大幅に緩和されることもありますが、体に負担がかかること、手術をしても完全に痛みが消えない、効果があまりあがらない、などの可能性もあるので、慎重に行うことが肝心です。

また、内視鏡を使って、関節の中にある神経に痛みを引き起こす部分を取り外すような手術が行われることもあります。

全身麻酔によって、手術が行われることになりますが、複雑な手術なため、一日以上の時間がかかることもあります。体に負担がかかることから、慎重に手術を行うかどうか選択しなければなりません。

この手術によって、肩全体の動きがスムーズになる、硬くつっぱった靭帯が切り離され、痛みの原因が除去される、肩の関節制限が無くなる、などの効果も期待できるので、早い段階で手術を行うべきか、慎重に対応することが望ましい方法ということがいえるでしょう。