魚の目治療.com » 睡眠の大切さ

睡眠の大切さ

しっかりと睡眠を取ることは健康のために不可欠です。しかしながら、ストレスから不眠症にかかったり、仕事のメリハリがきつすぎて毎日一定時間眠れない、など、現代人にとっては健康に必要な睡眠すらも満足に取れない、という例は増えています。

色々なパターンがありますが、まず一般的に考えてどのような感じがベストなのか、布団に入ったら15分程度はまだ落ち着きませんが、その後徐々に眠くなって寝てしまう。

夜中は1回程度起きてトイレに入り、朝までまたぐっすりと寝入ってしまう。そして朝起きるとき、目覚ましが鳴るか鳴らないかで目覚めて気持ちの良い食事ができる、これがまさに理想である、と考えて問題ありません。

また、日本人の睡眠時間は徐々に減少していると言われています。2005年には平均が7時間20分程度であった、というデーターが公表されていますが、それよりも30年ほどまえはあと1時間は寝ていた、というデーターもあります。

これで充分であれば問題はありません。しかし、昼間仕事中に眠気を感じる方も増えたり、夜中になると昼間の昼寝状態のせいで眠れなくなってしまう、つまり1日のうちでまともに寝れる時間がほとんどない、という方も少なくありません。

また、ゆっくり眠るためには環境のケアも大切です。ますます近代化する住環境においては、どんどん寝る場所、寝るための部屋も窮屈なものになってきています。

朝窓を開けても気持ちが良い、と感じられる状況はまず都市部では無難な線に届いていません。また地方でもどんどん自然な感じで寝れる環境は損なわれてきています。

このような状況の中で、きちんと眠るためにはある程度の工夫が必要です。ベッドであれば照明なども工夫をしてみたり、リラクゼーションとしてアロマを使用する、リラックスできる音楽を流しながら寝る、などの工夫をされている方も増えているそうです。

寝すぎ、もよくありません。肥満を冗長したり、運動不足を加速し健康を崩してしまう原因となりますので、やはり毎日平均した時間をきちんと眠る、のがべストです。