魚の目治療.com » 脊柱管狭窄症とは

脊柱管狭窄症とは

脊柱管狭窄症とは脊椎の周りにある管が文字通り狭窄してしまう、つまり狭くなり窮屈な状態になってしまうことが原因で症状が出てしまう病気の事で、その他の病気や加齢などの影響によって起きてしまう病気でもあり、腰に負担のかかる運動や仕事をしている人にもたまに見られる症状です。

他の病気というとヘルニアなどの似たような病気が引き金になり起きてしまう事もあるみたいですが、ヘルニアと異なってくるところでは加齢とともに発症する事が多くなる所だと思います。

そして脊柱管狭窄症は主に腰部脊柱管狭窄症と呼ばれていて、症状が腰辺りもしくは腰から下半身にかけて症状が出てくるのが特徴になってきます。

症状としてはしびれや痛み、そして患部に感じる違和感を感じる事があります。よく言われているのが数メートル歩くと足に痛みやしびれを感じ始めて簡単に歩いてられなくなるようになってしまうのです。

こういった症状が起きてしまうのですが、大きな特徴として足に痛みやしびれが症状として出てきたとしても、少し身体を休めるとそういった症状が治まるのです。

痛み止めや他の薬を服用せずともそういった症状が治まってしまうので、そういった症状を日々感じてしても休めば治まるから別に問題ないという素人的認識は今後の病気の進行に大きく影響する可能性があるので、そういった異変を感じたらすぐに病院にかかるのが大切です。

病気の進行には当然個人差がありますがこの病気が進行した場合、いたみやしびれの症状だけではなく、その他の排尿に関する障害などが発生する事も少なくありません。

こういった症状を見てみるとやはりお年寄りに多そうと思われるかもしれませんが、一概にお年寄りだけしかならない訳ではありません。

当然、普段の生活の内容によっては若い人にも起こる可能性が多少はあると思います。なので自分はならないだろうといった安易な考えで腰に負担をかけすぎる様な事は少しでも避けていきたいものです。