魚の目治療.com » ストレッチと肩甲骨

ストレッチと肩甲骨

ダイエットに効果のある部位は骨盤である、とよく言われますが、確かに骨盤を正しい位置に戻すことは体のバランスをよくするために、また他にも様々な意味で大切なことです。

また、この骨盤と同じように大切なのが、肩胛骨、けんこう骨です。肩胛骨は、背中の肩の下のあたりにある、出っ張りの部分、左右の両方に羽が生えるかのようにある骨を言いますが、この部分の可動域を広げると、骨盤の開閉の動作がスムーズになるといわれています。

このことから、このようなストレッチは思いもよらぬ高い効果を出すことができる方法であると言えます。また日常的に座っていることが多く、前かがみになることも多いと言う方にもこの部分のケアは大切です。

前かがみになると、肩が前に回りこむことで、肩甲骨がゆがみやすく、またゆがむと今度は背中側の筋肉への負担が増えます。

この状態を維持すると、筋肉が過度に緊張してしまい、肩凝りを起こしたり、体調全般の不良を招いてしまいます。

またこの場合の肩凝りには、マッサージをしてもなかなかよい効果は得られません。つまり骨の歪みを解消することがもっとも大切です。

その他、この部分をしっかりとケアすることはスポーツ選手にとっても、常に大切であると考えられています。位置を整えて、その可動域を維持して動きを軽快にすると、肩全体が柔軟になって、スポーツの成績もアップし、また怪我の予防としても効果があります。

特にハンドボールや水泳などの競技では、欠かせないトレーニングメニューとなっています。

このようなケア法はたくさんあります。特に運動のためでもなく、健康を管理したいからという方の場合は、はじめのうちは簡単なものでもかまいません。

ゴルフボールを肩甲骨が消える部分に当てて押してみるだけでも効果はあります。また徐々に本格的なストレッチを取り入れれば、より美しい健康的な体を維持できるようになります。