魚の目治療.com » 手術とリハビリ

手術とリハビリ

椎間板ヘルニアの手術やリハビリでは、術後の完治を目指して行うことがまず、挙げられます。変性した部位を除去して神経根の圧迫を除去するのですが、このときに、筋肉組織まで断絶してしまうため、回復後も完全に筋力が回復するとは限りません。

身体的にも、大きな影響を及ぼすことがあるので、出来る限りスマートに回復させるためにも、的確な治療を行うことが望ましいといえます。

放置すると、さらに病状が悪化してしまうこともあるので、どの部位にどのような影響が与えられているのか、ということを、正確に特定することが望ましいといえます。

この病気をきちんと改善させていくには、どこにどのような痛みが発生しているのか、ということを、正確に判断して治療を実施することが必要になってききます。

決して、無理をかけると、それによって、逆に病状を悪化させてしまうことになるので、出来る限り適切な治療を心掛けることによって、無理のない治療を正確に実行することができるようになります。

またこのような場合には、リハビリが長期化することもあるので、整骨院など、医師の指示に従って通院する必要が発生することもあります。

出来る限り体に対して付加が必要以上にかからないように、適切な対応をすることによって、無理のない健康的な対応をすることができます。

椎間板ヘルニアの手術ではレーザーを使用するなど、今までの手法に比べて比較的負担が少ないものであれば、リハビリの時間を短時間にすることが出来るなど、これまで以上に治療に対して効果を高めることが出来るケースもあります。

ただし、椎間板ヘルニアの保存療法をしている人で、ブロック注射などを受けている場合では、無理に患部を動かすことによって、さらに炎症などの危険を冒すことがあるので、医師の指示に従うなどして、注意深く治療を心掛けることが肝心になります。

無理のないように、最終的に健康面で配慮する上では必須の対応ということがいえるでしょう。

腰椎椎間板ヘルニアの正しい治療方法をご紹介