魚の目治療.com » 名称について

名称について

「捻挫した」、「腰が痛い」、などといった要な場合、どこかにお世話になるでしょう。

そう考えると、真っ先に思い浮かべるのが病院ですよね。あるいは、接骨院などといった場所を思いつくかもしれません。


接骨院のほかに似たようなものとして、「整骨院」、「ほねつぎ」などもあります。しかしそのうち、自分の症状に合うのがどこなのか、となるとわかりにくいのではないでしょうか。

病院でいけば「整形外科」とイメージしやすいでしょうが、先に挙げた「接骨院」、「整骨院」、「ほねつぎ」の中ではどれを選べばいいのでしょうか。

やはり、自分の症状にあわせて、どこにかかるかを決める必要があるのでしょうか。実は、結論から言うと、どれでもいいです。と言ってしまうと誤解を招くかもしれないので補足しますと、これは接骨院やその他の類似の施術院の場合、「どこでも同様の治療を受けられる」という意味です。

「接骨院」、「整骨院」、「ほねつぎ」などと呼ばれてはいますが、実際は接骨院も含めて、どれも正式名称ではありません。

「柔道整復師法」によって定められている正式名称は、「柔道整復師施術所」となっています。しかし、町中を歩いたり、ネットで探してみても、「柔道整復師施術所」という名前はなかなか見つからないかと思います。

先に述べたとおり、「柔道整復師施術所」は「柔道整復師法」によって定められているのですが、さらにこの表記は広告に関して規制を受けています。

この規制に対応するために、正式名称ではなく、「接骨院」と「整骨院」という名称が使用されるようになったのです。

このような理由から、最初に述べたとおり、接骨院やその類似の院は「どこでも同様の施術を受けられる」という状況が出来上がっています。

また、接骨院などではちゃんとした国家資格を取得している(資格を取得しなければ「柔道整復師施術所」としての接骨院、整骨院、ほねつぎは開業できない)ので、安心して施術を受けられます。