魚の目治療.com » 拒食症から脱出する

拒食症から脱出する

拒食症は、過食症の反対の言葉で、簡単に言えば何も食べたくなくなる症状です。食べなければまずお腹が減ってきます、そして減っても食べなければ、そのまま体が弱って健康を崩してしまいます。

そしてゆくゆくは精神的にも健康に戻りにくくなってきてしまい、なかなか健康な状態に戻らなくなってしまいます。拒食症になると、食べても吐いてしまうのが常です。拒食症が酷くなると、吐かなければ、自分がまともな精神を保てないとさえ考えます。

拒食症は精神的なダメージによるもので、有名なカーペンターズという歌手のヴォーカルが拒食症にかかって死んでしまったという例もあります。

拒食症でほとんど骨だけ、というような状態まで痩せてしまい、それでも食べたくない、という原因は、ダイエットのリバウンドが怖くて、そのことを過大に引きずってしまうという例も少なくないようです。

拒食症になると、神経のバランスが完全に崩れてしまい、やせたままの体を維持しなければならない、という考えから離れることができなくなります。拒食症の解決策は専門医にかかることぐらいです。

拒食症はほとんどが女性が罹る病気です。ダイエットをうまく進めていって、健康で最適な体重バランスを維持できるようになっても、それ以上に美しくなりたい、と思うようになったら、要注意な段階と言えます。

ここから次は一種の罪悪感を持つようになる、とも言えます。あるいは命がけで痩せようとしてしまうのです。鏡で見てやせすぎであることが分かっていても、どんどん痩せたくなる、という状態が拒食症の実体です。

拒食症はその根本から退治することがもっとも大切です。また、自分自身だけの問題であれば解決も早いのですが、多くの場合、周りの人間が原因であると言われます。

つまり、その原因となることが何なのか、拒食が絶望的になる前にきっちりと突き止めて改善していくことが大切です。また、誰も原因がわからないという場合、専門医のカウンセリングを受けるのが回復への最も近い方法と言えます。