魚の目治療.com » 腹式呼吸法の利点

腹式呼吸法の利点

腰椎椎間板ヘルニアの予防、リハビリなどにおいて大切なことが、腹筋の強化です。この腹筋は、毎日よく使うようでいて、それほど使われない部分です、または、鍛えるように働きかけなければなかなか強化されない部位と言えます。

腰椎椎間板ヘルニアなどの腰の病気対策としては、毎日続けることが最も効果がありますが、そこまでいくとなかなか続けることができないという場合も、特に働いている方には多いようです。

また、腰の部分を持ち上げるような基本腹筋運動を激しく用いると、逆に腰を痛めて椎間板ヘルニアを悪化させてしまったり、疲れを解消できなくなったりもします。このようなことから、椎間板ヘルニアの予防・リハビリに腹式呼吸法を取り入れる方は多いようです。

腹式呼吸法は文字通り呼吸によって健康効果を得る方法ですが、横隔膜を上下させることを利用します。他の方法ではヨガや太極拳、などに共通する部分があります。

腹筋運動のように体を地面につかせて行うこともなく、場所もほとんど問いません、強いてあげれば空気のいいところがよい、という程度です。

腹式呼吸はまた、胃腸の働きを活発にさせるために効果が高く、椎間板ヘルニアの他にも便秘の解消や血行改善などにもよいそうです。気になる具体的な方法は、腹部に集中するようにして鼻から息を吸い込みます。そして口から吐き出します。

これをゆっくりと行うだけですが、忙しい方は最初は急いでしまったり、面倒な感じも持たれると思いますので、だんだんとゆっくりとしていくのがよいと思います。

これを一日に10分程度行えばいいだけです。リラックスしているときにすればベストで、走った後で息を切らせている状態のときなどは避けるほうがいいようです。また、仰向けに横になった状態でこの腹式呼吸を取り入れると、椎間板ヘルニアだけでなくちょっとした疲れで起こるような腰痛にも効果が高いそうです。

このように腹式は無理な腹筋運動で疲れを残さないようにできる方法です。椎間板ヘルニアの改善には実際に器具を使うほうがいいという方も、できるだけ軽いものを選択したほうがいいと思います。