魚の目治療.com » ブロック注射で治す

ブロック注射で治す

腰椎椎間板ヘルニアの治療方法のうち、注射で痛みを取る方法がブロック注射です。神経に直接注射をするため、誤りがなければ高い効果が期待できると言われています。

硬膜外ブロックとは、脊髄神経の周囲に薬剤を注射するやり方で、腰椎椎間板ヘルニアの痛みをブロックする治療法です。背中側から針を差し込み、脊柱管の中に進めて脊髄神経の周囲を覆っている硬膜の外側に局所麻酔剤またはステロイド剤(副腎皮質ホルモン剤)を注入します。

この方法を行うと、機能が抑制されます。また、患部が緩和され、血管が拡張し血行も改善されますので、腰椎椎間板ヘルニアの症状を緩和する効果が期待されます。

またこの方法は主に骨や椎間板など、腰椎椎間板ヘルニア以外にも腰痛全般に適応されますが、馬尾障害などに至った場合には他の療法を適用します。

神経根ブロックは神経根への注射をする方法です。この位置に注射することによって、腰椎椎間板ヘルニアの痛みを根元から遮断することが期待されます。症状が伝わる伝達路をその根元からブロックできれば、腰椎椎間板ヘルニアの症状が改善されます。

脊髄から枝分かれしている神経根に対して注射針をピンポイントで到達させま、そして局所麻酔剤を注入しますが、確実に実施するために、注射は造影剤を使用してX線透視下で行われます。

この方法にはかなり高度な技術が必要と言われています。ブロック注射で症状が緩和される期間については、だいたい数時間から数日と言われていますが、場合によっては痛みがごく軽いような状態が1~2週間持続することもあります。下肢のしびれなどの症状にも有効です。

腰椎椎間板ヘルニアの治療は安静にすることが一番の基本です。色々な方法で痛みをごまかしたり、またマッサージや指圧などを多用しても、腰椎椎間板ヘルニアを悪化させる可能性もあります。

また、仕事の都合なのでどうしても症状が悪化するような姿勢をしなければならないからと言って、ブロック注射を頻繁に用いるというのはやはり誤りでしょう。鍼灸などもよい方法で、効果の持続期間も比較的長いほうです。