魚の目治療.com » ドイツ式やフスフレーゲ

ドイツ式やフスフレーゲ

フットケアをご存知でしょうか、文字通り足の手入れをすることです。日本ではあまり聞かれない言葉ですが、海外、特にドイツではフスフレーゲというフットケアが浸透しています。

フスフレーゲは足の健康、美容法です、日本にもドイツ式フットケア、フスフレーゲの店がたくさんあります。

ドイツでは"足と靴は一体である"と言われ、靴が合わないことで足に異常が起きると考えられています。靴を履くようになった現代では外反母趾や魚の目、タコといった足の症例が増えています。

またほとんどは靴が合わないことが原因と思われています。足に合わないものを履いていることで、歩き方が悪くなり、最終的に腰や膝にまで影響する場合もあります。

自分にあったぴったりのものを履いてこそ健康的な足、そして健康な身体になれるという訳です。足の問題の最大の原因は靴にある、といっても自分の足にフィットした靴を見つけるのはなかなか困難です。

素人には特に難しいことです。足に合った靴選びはプロの方に頼むのが一番です、最も近い靴からさらに細かい調整までやってくれます。

足は"第二の心臓"と言われ、大事な役割を持っています、歩いたりすることで足の筋肉が伸縮し血液を循環するポンプの役割を担ってくれているのです。

当然足を使わなければどんどん筋肉が退化していき、血液の循環を悪くしてしまいます。フットケアはそういった足の異常に対しても、適切な処置を行います。

フットケア専用のマシンが導入されているところもあり、まったく痛みなどはなく、気持ちのいいマッサージのようなものです。

フットケアでは足の保温から始まり、かかとの硬くなった角質の除去、タコや魚の目等の除去、足の爪の手入れ等が主に施術されています。

また、足つぼのマッサージにより血流を良くします。同時に自分の足の問題点に対する足の手入れ法や歩き方等もアドバイスしてくれます。

また、フットケアは足全般のケアといっても、原因が内臓やウィルス、菌等によるような疾患がある場合は対処できませんので、注意が必要です。