魚の目治療.com » スペースの使い方

スペースの使い方

リノベーションによる住宅改造は特に新しいものばかり追いかけるということがルールではありません。

例えばより旧式な雰囲気のあるようでまたモダンさも取り入れた和室や、3畳ほどの狭い部屋も何か有効に使うために必要になることもあるでしょう。

また、書斎というものは昨今新しいものなのか古いものなのか分からない、専用の部屋なのだからよりモダンなものなのか、という風に意見が分かれるところかもしれませんが、例えば寝室は寝るときにだけ使用する場所ですから、そこに間仕切りを使って書斎も設ける、というアイディアを実行される方もいらっしゃるでしょう。

これは古い考え方ではありませんが、趣味の部屋、というものはどうでしょうか?

家族団欒の場所を出た後は、自分だけの楽しみのための専用ルームが欲しい、という方も多いのではないでしょうか?

リノベーションをするなら、「リノベーション費用を匿名無料で比較検討できる~リノベーション費用見積比較ナビ~全国対応~」に一度、相談することもいいでしょう。

また、ロフトや屋根裏のようなスペースでちょっとした防音設備などを導入したオーディオ専用ルーム、アナログレコード専用のAVセットを置いてアルコールをたしなむ、というようなアイディアも魅力的でしょう。

このようなスペースはリノベーションによる大きな区分け、つまり間取りの変更時に考えなくても、後々になっても設けることができる可能性が高いものと思います。

実は狭い間取りでも意外にアイディア次第で次々と出来てくる、とプロのデザイナーの方などはよく言うようですし、出来ればですがそのためのリノベーション間取り設計、というものが確実にできればいい、と思う方もいらっしゃるようです。

間取り設計は完璧にものの配置などを考えて、という風にきっちりとした考え方も必要と思いますが、フリースペース、という考え方もある程度念頭に置いておくことが後々になっても快適さを維持できるようにするための秘訣、かもしれません。

そしてそのほうがリノベーション物件の価値というものも幾分上向きになる、と考えるのも時代に合っているのかもしれませんので、プランする場合にちょっとだけイメージする、ということも必要でしょう。