魚の目治療.com » 窓の種類

窓の種類

窓には様々な種類があります。例えばガラスでは、フロートガラスや型板ガラス、合わせガラスなど。

また合わせガラスでは中間膜を厚くしたり、敗れにくいとされているポリカーボネート板を入れることで、防犯性能を向上させることも出来ます。合わせ複層ガラスは片側、又は両側に合わせて使用したものになっています。

このガラスはとても断熱性能に優れていることとともに、中間膜を厚くすることやポリカーボネート板を入れるという工夫によってさらに防犯性能も向上させることが可能になっています。

窓枠を取り付けるサッシにもいくつかの種類があり、通常のサッシのほかに、内側にもうひとつサッシを取り付ける二重サッシなどがあります。

このように二重の作りにすることで、断熱性アップや結露防止、防音効果などができるのです。防音は日々の生活の快適さに関わってきますし、断熱性は夏冬を快適に過ごすためにも、電気代の節約にも大いにかかわってきます。

結露が発生すればその分家が傷みやすくもなりますし、そういった様々な面から考えても窓の性能は十分に吟味する必要があるでしょう。また、泥棒の侵入経路になることも多いので、防犯面もしっかりと考えておきましょう。

家族を守るためには、住まいに必要なものがどのようなものなのかということを考えるだけで、どのようなリフォームをした方が良いのかということを考えることができます。窓のリフォームを考えているのであれば、しっかりと考えましょう。