魚の目治療.com » 審美歯科とは

審美歯科とは

審美歯科、審美治療とは、主に歯を美しく見せるために治療をすることです。また、この治療を受けることは健康にも深く関わっています。

自信を持って笑顔を見せることができると、生活が生き生きとしてきて、ストレスの解消と健康に大きく貢献します。

最も受ける方が多いのが、ホワイトニングです。文字通りに歯を白くするものです。色が気になって仕方が無い、他人に見せることがとても恥ずかしくて、笑うこともできない、という場合は、おおらかで明るい健康的な自分を取り戻す絶好のチャンスといえます。

ホワイトニングは、簡単に言えば漂白することです。被せ物も使用しませんし、削ったりもしません。ですので歯にも他の体の部位などの健康にも副作用はほとんどありませんし、何度でも施術を受けることができます。

またホワイトニングというからには脱色するように白くなってしまうのではないか、という方も多いですが、実際は好みの白さまで調整することができ、またそれほど白くなくてもいいという場合には治療回数も少なくて済みます。

つまり色調や明度などの調整が可能ですので、ホワイトニングを受けていることがわからない程度にまで、という場合でも有用です。

ホワイトニングの効果は長くて1年程度と言われています。つまり、アフターケアーが大切で、白くなって美しさを取り戻しても、すぐに着色する場合もあります。

特に茶渋やコーヒー、タバコなどは可能性が高く、毎日のブラッシングはもとより、定期的に歯医者にかかってチェックすることも大切になってきます。

またセラミックなどの人工の歯についてはホワイトニングは適用できません。入れ歯、差し歯などが前歯であるという場合、まわりをホワイトニングしてから詰めなおしたり、貼り直すことが必要になります。

また表面の状態によっては痛みが出たり知覚過敏になったりすることもありますので、痛みがあるのは嫌だという場合は前もって歯医者に告知しておく必要があります。