魚の目治療.com » 第四腰椎すべり症

第四腰椎すべり症

このすべり症には変性すべり症が多く、またその多くは中高年者の女性に発症します。

初期のすべり症症状としては鈍いような腰痛を訴えることがほとんどで、特に治療を受けなくても我慢していれば消えるという場合も多くありますが、痛みの頻度も増してくるようになると、同時に腰部脊柱管狭窄症と同じような症状が出るという場合も多くあります。

特に間欠性の歩行障害(少ない距離なら一度に歩くことはできても、次第に臀部や太ももの部分が痛くなってきて、歩けなくなり、またしゃがんで休めば楽になって、歩くことができるようになる、ということが繰り返される症状)を起こすようになると治療を受けなければどうしようもないという状態になってしまいます。

歩くことができる距離も日によって違ってきますので、なかなか治療が大変です。第四腰椎すべり症では腰椎がずれることにより脊柱管が狭くなってしまい、馬尾神経や神経根が圧迫されることもありますが、そのような状態になると手術も検討します。

すべり症の手術はずれや動きなどの程度によって方法が異なりますが、主には神経の圧迫を取るだけの場合と、固定術を行う場合があります。

第四腰椎すべり症の予防として効果のあるものは、腹筋を特に意識して使い、またトレーニングすることがまず上げられます。

また、疲れによる腰痛が出た場合にはよくストレッチをして筋肉をほぐし、休ませることも必要です。主な原因は骨の老朽化ですので、カルシウムなどを多く採って骨を丈夫にすることも大切です。

筋肉の疲れを取ると同時に鍛え、また食事の偏りを正して十分な栄養を体に送り込むことで、ほとんどの腰痛を防ぐことができると思います。

第四腰椎すべり症と診断された場合、すぐに手術をすることは稀で、保存療法を主体に考えますが、長期間の治療となりますので、仕事をしながらという場合ではより日常生活が大変になりがちです。できるだけ早期の発見と早期のすべり症治療開始を念頭に置くことが大切です。