魚の目治療.com » 大学について

大学について

カイロプラクティックのプロ、つまり国際的な基準を満たすカイロプラクターになるためには、教育審議会、CCEが認定する学校で学位をとることが必要になります。

このCCEとは、カイロ教育の水準を定め、またその水準を満たしているかを認定する機関です

アメリカ、カナダ、ヨーロッパと太平洋地域のそれぞれ4つがあり、認定された施設を卒業する、あるいは開業者には通信教育のコースが用意されています。

このうちで開業者向けのカイロ技術習得プログラムについては、法整備が至っていない国についての特例措置、経過措置として有効です。

国際基準を満たしていないカイロの学校を卒業した方に対してカイロ技術のレベルアップ、カイロ技術の標準化を満たすレベルの資格を与えるために、また国際社会の認知度を満たすための方法として利用することができます。

また学校として認定を受けるための条件としては、非営利活動であること、正規の学位を授与するものであること、CCEの基準を満たしていることを評価を受けていること、が上げられます。国家レベルで認定を受け、バックアップされていることも条件です。

カイロは、既に100年以上の歴史がある治療法です。またこのように欧米を中心として国際基準の教育システムが確立され、アメリカにおいては西洋医学のドクター、歯科医などと同じレベルのドクターの称号が与えられます。

基礎医学、投薬などの専門的知識も習得し、その上でカイロに関する専門的な関節や姿勢の検査の方法、矯正のテクニックを学びます。

現状の日本では非科学的、また医学的根拠が無い、無資格の医療類似行為、という見解がとられています。手技療法の定義付けが難しく、またその安全性も証明できない、また保健医療などの絡みで医師会からの反対運動がある、といった状況です。

しかし世界の先進国でその有効性が認められているかぎり、このような体質は改善されなければならない、という意見も多数あります。