魚の目治療.com » 原因について

原因について

脊柱管狭窄症とは、腰部の脊柱管が狭くなり、その結果、神経や血管を圧迫する事により身体に対する症状が現れます。

何が原因なのか詳しく解明されていない事が多数ありますが、解明された脊柱管が狭くなる原因を下記に紹介するので参考にしてみてはいかがでしょうか。

(1)脊柱管が生まれつき狭く、脊柱管が正常より狭く成長したものが原因になった
(2)後天性脊柱管狭窄症とすべり症により脊柱管が狭くなって発症した。
(3)ヘルニアによる合併狭窄や腰椎への手術などにより狭窄したことが原因になった。
(4)目に見えない患部によるものなどが原因となる場合。(成長途中で脊柱管に十分な広さが出来なかったものが原因となります。
(5)中高年に多いことから、加齢によることがと考えられています。

などが代表的な発症例として、考えられています。

この記事を読んでいる方や、先ほど説明した内容に当てはまるばあいは、即医療機関の受診を受ける事を推奨します。

脊柱管狭窄症に対する検査や処置方法は各種ありますが、下(しも)に関する障害がある場合など重傷の場合は、手術が検討されます。

ですが、神経根が圧迫される方などの軽傷のときは、「姿勢の改善」「運動」を心がけるように指導しますが、痛みがある場合は、「安静」を重点に考え、下記の治療を行うことがあります。

先ほどと同様に下記に治療方法を紹介するので参考にしてみてはいかがででしょうか。

①脊柱管狭窄症の治療について

(1)薬物療法
非ステロイド性消炎鎮痛薬」や「内服薬」、「貼付薬」「塗り薬」などの薬物療法を行いす。 又、血管を広げる作用をも持つ「循環障害改善薬」を使用して、血流の改善を図ります。

(2)理学療法
(3)血行の改善を即すために、ホットパック(蓄熱財)による温熱療法。超音波療法、場合によっては腰椎の牽引を行います。
などの、治療方法は数多くあり皆様の希望にあった結果がすべて得られる場合は少ないと思います。

ですが、最初に行う事は自分が求める結果(100%は難しいでです)を出せる医師と信頼の持てる医療機関を探す事が重要になって来ます。

この記事を参考にいただき、あなたの脊柱管狭窄症の痛みを解決する第一歩となればと心から思います。

脊柱管狭窄症を根本から治す名医をご紹介