魚の目治療.com » 介護と体操について

介護と体操について

介護の立場で仕事される方にとって、腰痛はとても身近な問題です。つまり、介護に携わる方で腰痛に悩む方は、とても多いといえます。

介護する場合、自宅でも高齢者介護では特に、中腰の姿勢をとるケースが多く、このことで、腰痛をだんだんと強くしていく傾向が強く、また、中腰という無理な姿勢をとりながら患者さんの体位を変換したり、体重を持ち上げたりということも日常茶飯事です。

その分他の仕事に関わっている方よりも力が必要と言われています。介護ばかりでなく、手術を執刀する医師や、看護師の職業の方など、腰痛は実は医療職業全般に深い関係があるものです。患者さんの介護をする看護師さんは、特に腰痛になることが多い職業です。

このような介護の方にとっても、腰痛体操は必須の改善策です。そして腰には常にできるだけ無理をかけないようにする工夫も必要です。日頃から腹筋や背筋をよく鍛えておくことで、腰痛になりにくい体質を作ることができます。

腰を伸ばしたりひねったりするストレッチにも効果がありますので、毎日これらを無理なく少しずつ継続させることが大切です。特に専門の体操法がある、というわけではなく、仰向けの状態になり、両手で膝を抱え、胸のほうへ引き寄せる、等の普通の腰痛体操で充分です。

体操としてではないですが、正しい姿勢を維持することも大切です。立ったり、座ったり、という場合には特に正しくすることを意識し、長時間同じ姿勢を取らずに細かにストレッチをし、あまり使用しないような筋肉についてもよく鍛えることも大切です。

ベッドや畳の布団に寝ている患者さんの体位変換、動かす、という場合にはできるだけ患者さんに近づいて行うと負担を軽減させることが可能です。

また、介護ではデスクワークも多く行われますので、書き物をする場合にはできるだけ明るい場所で、書いたものが楽に見えるようにし、出来るだけ視線を近づけるようにすることも大切です。