魚の目治療.com » 捻挫の対処方法

捻挫の対処方法

挫傷は肉離れとも呼ばれます。またほとんどのケース、運動前の予行演習、つまり準備運動の不足が原因です。筋肉をほぐさないでいきなり過度の負荷をかければ、やはりダメージは誰にでも起こります。

筋肉の収縮がスムーズにいかないと、筋肉にも筋膜にも裂け目や切れ目が起こることがあります。起こったてしまっら、まず炎症を鎮める処置が先決です。

つまりアイシングをして炎症を抑えるようにし、患部を心臓よりも高い位置において鬱血を防ぐことも大切です。症状が軽い場合は激しい痛みもアイシングの効果はかなりあります。

つまり痛みも治まってきて、腫れなども引いてきますが、重度の場合ではそうもいきませんので、接骨院、病院を受診して治療の相談をすることが必要です。接骨院などでしっかりと処置してもらいましょう。

どの部位によく起こるか、というとやはりふくらはぎや太腿、二の腕、または背中にも多く起こります。足の部位は運動全般で起こり得ますし、上体の場合はボールのスローの動作などが主です。

起きてしまったらまず応急処置が必要です。しかしながら外出時のケースがほとんどですので、準備できていなかった、などということが無いようにすることも大切です。日頃身体を使っていないケースも要注意です。

また、軽いものだと思っていても実は重度だったということもありますので、甘く見ずにしっかりと接骨院などで診察してもらった方がいいでしょう。

その他には絆創膏も場合によって有用になります。応急セットに含まれる、また外出時には必需品ばかりです。とにかく、運動前のウォーミングアップが予防策として不可欠です。他には動きやすい服装も大切です。

もちろんスポーツ前だけではありません、登山でも、散歩などでも場合によっては必要な状況があります。ストレッチによって筋肉をほぐすと、疲れの感じ方も全然違います、快適なレクリエーションをエンジョイするためにも不可欠です。