魚の目治療.com » 名医のご紹介

名医のご紹介

東京クリニックという病院を皆さんはご存知でしょうか? ここにはブロック注射の第一人者で名医と呼ばれるほど評判をお持ちの、宮崎東洋医師がいらっしゃいます。

ペインクリニックは主として疼痛を主訴とする疾患の診療を行う部門で、痛みの診療所とも言われ、具体的には局所麻酔薬をしようしたブロック注射が良く行われています。近年その数も増え大変注目されています。

ブロック注射には基本は麻酔科の医者があたります。宮崎東洋医師は麻酔科の名医としてテレビでも紹介をされています。

ブロック注射では神経に接近して治療が行われますので、医者の腕によってブロック注射の効果に大きなが出るとされています。その点で宮崎東洋医師の腕は非常に注目され診療を求める患者の方も多くなっています。

ブロック注射を受けるならば、どうせなら腕の良い名医の元でと考えるのはごく自然のことですよね。この病院では全身の慢性の痛み、つまり椎間板ヘルニアのような腰痛や頚椎疾患、血流障害などの治療を受けることが出来ます。

この宮崎東洋医師はテレビ番組でも紹介されたように、腰痛やぎっくり腰といったあらゆる痛みを注射1本で解消させるとされ、その技術はX線やMRIといった補助的な医療設備を使わずとも実際に痛みを引き起こしている神経に狂いなく麻酔を打つことが出来るほどなので、他の医師からは針に目が付いているなどと言われています。

医師でありながら順天堂大学の名誉教授でもおられます。1日に100人の治療に当たるとされ、痛み治療一筋で40年以上もの間続けてこられていますので経験から実績、また知識もとても信頼できるもので、それまでの経歴から全身の神経が全て頭に入っています。

もし神経ブロック注射の治療において腕のたつ名医をお探しの方は、一度チェックしてみて下さい。