魚の目治療.com » 頚椎ヘルニアに対して行う場合

頚椎ヘルニアに対して行う場合

頚椎ヘルニアとは頚椎椎間板ヘルニア、変形性頚椎症、そして変形性脊椎症の病変が多くそれらによる主な症状としては圧迫病変が脊椎を圧迫することにより生じる脊椎の症状や神経根を圧迫することによる神経根症、さらに椎間板から発生する椎間板性の疼痛症状が考えられます。

具体的な症状としては手足のしびれや頚肩腕のだるさや激しい痛み、そして首をそらすことで肩や腕に激しい痛みが走るといったものなどが挙げられます。

このような筐体に対し保存療法としての薬物療法や運動療法を施しても中々症状が改善されない場合にブロック注射を用いることがあります。

ブロック注射は痛みを起こす原因である神経に直接働きかけます。神経やその付近の組織に局所麻酔薬を注入することで、感じないようにすることが出来ます。ただし、注意して貰いたいのがブロック注射は症状を取り除くだけであって直接的に頚椎ヘルニアを根治する目的ではありません。

とはいえ高い鎮痛効果と即効性から辛い痛みを解消することの出来る治療法として重宝されています。そのブロック注射には様々な種類があるので、患者の状態を考慮し医師と相談してどの治療法を適用するか決定します。

しかし、ブロック注射の効果があくまで一時的な解消と聞くと、その意義に疑問を持つ方もいらっしゃるかもしれません。

ただ、医学的所見からみるとこの一時的な解消も治療効果を期待してのことであって、確かにブロック注射は直接的に頚椎ヘルニアの治療を目的としたものではありませんが、痛みを解消することにより多くの場合身体をリラックスさせることが出来、痛みで緊張状態に合った筋肉や血流の悪かった血管を良い状態にすることが出来ます。

そうすることで人間に本来備わっている身体の回復効果を活性化することが出来るので、確かにブロック注射も治療に寄与しているのです。

頚椎ヘルニアの症状でお悩みの方はこちら