魚の目治療.com » バリアフリーのデザイン

バリアフリーのデザイン

これは障害者に優しいデザインのことを言います。よくユニバーサルというふうにも言われることがありますが、このユニバーサルとはまったく違うものです。

バリアフリーは障害者に優しい作りのことを指していてユニバーサルというのは、どんな人でも使えるものです。誰でも平等に使うことができて、簡単であること。必要な情報をすぐに探すことができてうっかりミスが無くなること。

そしてカラダへの負担が少ないことなどですから、使いやすさを考えたときにはユニバーサルいうことになるのですが、これは障害者を意識したものではないということがいえます。

例えばアップルのiPodはユニバーサルを採用しているということができるでしょうが、それが障碍者向けということはないでしょう。

バリアフリーリフォームは障害者を頭に置かなければならず、普通の人にとっては、恩恵はそれほどないものです。<しかし、だからこそ障害者のために考えられたリフォームというものが、障害者には必須になるのです。