魚の目治療.com » 精神ストレスからくる顎の緊張

精神ストレスからくる顎の緊張

精神的に不安定な人だと、稀に顎がずれたり、かみ合わせに影響することがあります。これは睡眠時に歯ぎしりをしているようなときに顕著に現れます。

これが非常にひどくなると「顎関節症」と呼ばれる病気になり、マウスピースを入れて治療することになります。不安定な人であれば、昼間であっても痛みを訴えるケースがありますが、これは歯をかみしめることが多いためにそのような症状が顕著にみられることがあります。

意識して改善して健康に戻ることが出来るものと、そうでないことがありますので、歯科医に相談して、筋肉をゆるめる薬を処方してもらうなどの治療法が必要になることがあります。

出来る限り早期に治療をすることによって、確実に健康に戻る効果を得られるものなので、治療に対しては、しっかりと意識をして未病の意識を持つようにしてください。

特に痛みを持っていても、日常の中で無意識であると、そのまま症状が固定化されてしまうことがあります。マウスピースを使うなどして、ある程度ずれをしっかりと矯正することで、症状をかなり緩和し健康に近づくことが出来ますが、それでも限界があります。

放置すると、症状がかなり悪化してしまい、手遅れになってしまうこともあるので、そのような深刻な病気になる前に早期に相談するようにしておくことが望ましいでしょう。

ストレスなども影響しており、睡眠時に強いストレスを感じるようなことがあると、その症状が顕著に現れることがあります。また、仕事中や人間関係でも歯をかみしめるようなことがあると、この症状が顕著になってしまうことがあります。

そうなると、なかなか自分では改善できないので、健康に関する症状も当然ながら、通院して処方の薬を受けるなど、適切な治療を早いうちに行うことが望ましいといえます。放置せずに、的確な治療を受けられるように心がけておくことがよいでしょう。